出典:デジタル大辞泉(小学館)

アルジェリアのサハラ砂漠北部、ムザブ地方の涸れ谷(ワジ)の西側に位置するオアシス都市。古くからサハラ砂漠の隊商路の中継地として栄え、10世紀から11世紀頃、イバード派イスラム教徒のベルベル人による拠点となった。旧市街には見張り塔の役目をもつ尖塔(ミナレット)があるイスラム寺院を中心に古い街並みが残り、周辺のエルアーティフブーヌーラベニイスゲンメリカなどの集落とともに、1982年に「ムザブの谷」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。