出典:デジタル大辞泉(小学館)

山梨県甲州市にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は乾徳 (けんとく) 山。開創は元徳2年(1330)、開山は夢窓疎石 (むそうそせき) 、開基は二階堂道蘊。武田信玄柳沢吉保の墓がある。天正10年(1582)織田信長勢の焼き打ちにあったとき、住職快川紹喜 (かいせんじょうき) が「心頭を滅却すれば火もまた涼し」の言葉を残し、火中に死んだことで有名。