出典:デジタル大辞泉(小学館)

large-scale integration》多数の集積回路(IC)群に相当する機能を、1枚の基板に集積化したもの。回路素子の数が1000個から10万個程度のものを指す。大規模集積回路。

[補説]集積化技術の向上にともない、1980年代には集積度が10万~1000万個程度のVLSI、1990年代には1000万個を越えたULSIが登場し、それぞれを区別したが、2000年代になってからはあえてこのような区別をせず、集積回路全般をLSIまたはICと呼称することが多い。