出典:デジタル大辞泉(小学館)

三陸海岸沖を震源地とする大地震。リアス式海岸のため津波による被害が大きく、明治29年(1896)6月15日のものでは死者2万人以上、昭和8年(1933)3月3日のものでは死者3000人以上、平成23年(2011)3月11日の東北地方太平洋沖地震では死者・行方不明者約1万9000人とされる。