出典:デジタル大辞泉(小学館)

La cathédrale Saint-Louis》チュニジアの首都チュニスの北郊、古代都市カルタゴの中心地だったビュルサの丘にある大聖堂。19世紀半ばの礼拝堂に起源し、現在の建物は19世紀末に建造された。13世紀に十字軍に参加して病没したフランス王ルイ9世を祭る。アクロポリウム。サンルイ教会。
Cathédrale Saint-Louis de Fort-de-France》西インド諸島東部、フランス海外県のマルティニーク島の都市フォール‐ド‐フランスにある大聖堂。17世紀半ばに創建。18世紀末には、鉄骨を多用したネオロマネスク様式で再建された。フォール‐ド‐フランス大聖堂。