出典:デジタル大辞泉(小学館)

Mosquée Zitouna》チュニジアの首都チュニスの旧市街にあるイスラム寺院。7世紀末から9世紀半ばにかけて建造。同国で2番目に古く、チュニスを代表する聖地として知られる。柱の多くをカルタゴの遺跡の石材から流用している。このモスクを含む旧市街は、1979年に世界遺産(文化遺産)に登録された。ジャマージトゥーナ。チュニスの大モスク。チュニスのグランドモスク。

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉