出典:デジタル大辞泉(小学館)

周波数がおよそ100ヘルツ以下の音。このうち20ヘルツ以下を超低周波音という。

[補説]人間の耳に聞こえる音波は20ヘルツから2万ヘルツ(20キロヘルツ)程度とされ、2万ヘルツ以上の音波は超音波と呼ばれる。