出典:デジタル大辞泉(小学館)

コンピューターや通信技術を駆使して、銀行が取引の機械化を進めたり、サービスの向上を図ったりすること。企業向けのファームバンキング、家庭向けのホームバンキングなどがある。従来、専用の端末を電話線に接続して利用していたが、インターネットが普及してからは、インターネットバンキングが主流となった。EB。オンラインバンキング。