出典:デジタル大辞泉(小学館)

網膜動脈がつまって、血流が途絶えてしまう病気。網膜の神経細胞壊死すると、光の情報を感知できなくなり、視覚が失われる。血流は治療しなくても再開することが多いが、神経細胞は虚血状態に弱いため、速やかな治療が必要とされる。