出典:デジタル大辞泉(小学館)

体内に取り込まれた放射性物質による内部被曝実効線量を、およそ一生分について積算した値。成人は接取後50年間、子供は70歳になるまでの年数で計算する。預託実効線量を最初の1年間にすべて内部被曝したものとみなし、外部被曝線量との合計値が線量限度を超えないように管理する。