出典:デジタル大辞泉(小学館)

エジプト南東部の古代都市テーベ(現ルクソール)のナイル川西岸にある葬祭殿。新王国第19王朝ラムセス2世により建造。高さ20メートルはあったとされるラムセス2世の巨大な石像や、ヒッタイト王国とのカデシュの戦いを描いた壁画などが残っている。ラメセウム。ラムセス2世葬祭殿。