出典:デジタル大辞泉(小学館)

information life cycle management》企業などにおける情報管理手法の一。データの作成から利用・保管・廃棄に至るまでのライフサイクル全体を見直し、データの価値や利用頻度に応じてストレージを選択したり、コスト管理をしたりすること。情報ライフサイクル管理。