出典:デジタル大辞泉(小学館)

high definition compatible digital》20~24ビット量子化ビット数で記録された高品質の音源を、音楽用CDで記録可能な16ビットに変換する際、隠しコードを埋め込むことで、より高品質の復調を行う技術。