出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「演説歌」から》

  1. 明治10年代に、自由民権運動の壮士たちが、その主義主張を歌にして街頭で歌ったもの。のちに政治色が薄くなり、悲恋・心中の人情歌をバイオリン・アコーディオンなどに合わせて歌う遊芸になり、「艶歌」とも書かれるようになった。

  1. 日本調流行歌の一。小節 (こぶし) をきかせた浪曲風メロディーで二拍子、短調の曲が多く、義理人情を歌う。

  1. つやうた(艶歌)」に同じ。

出典:青空文庫

出典:gooニュース