出典:デジタル大辞泉(小学館)

アフリカ南西部、コンゴ川河口の北岸にあるアンゴラの飛び地。中心都市カビンダ。15世紀以来ポルトガル領であり、1885年にベルギー領コンゴに隔てられた飛び地として公認。コンゴ独立に伴いアンゴラ領になった。熱帯雨林に覆われ、木材、コーヒー、ココアを産する。沖合にアフリカ有数の海上油田地帯がある。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉