出典:デジタル大辞泉(小学館)

戦国時代から江戸初期にかけて流行した、奇抜な意匠を凝らした兜。前立物を、動植物や法具などに似せて造る。

[補説]一ノ谷古戦場の崖を模した黒田長政の「一ノ谷兜」や、愛宕神社(もしくは愛染明王)の愛の字をかたどった前立物のついた直江兼続の兜などが有名。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉