出典:デジタル大辞泉(小学館)

結晶のバンド構造の中で、電子が存在できない領域。絶縁体半導体の場合、価電子帯の電子を励起して禁制帯のエネルギー幅を超えない限り、電流は流れない。広義には粒子のエネルギーが離散的な値を取る場合、あるエネルギー帯から別のエネルギー帯までの隙間を意味する。また、禁制帯のエネルギー幅をバンドギャップという。禁止帯。