出典:デジタル大辞泉(小学館)

地震が発生した時に気象庁が発表する、津波に関する警報・注意報。大津波警報津波警報津波注意報の3種類がある。


[補説]予想される津波の高さは、通常「1m」「3m」「5m」「10m」「10m超」の5段階の数値で発表されるが、マグニチュード8を超えるような巨大地震の場合は、地震の規模が正確に把握できるまでは「巨大」「高い」という言葉で発表される。

津波警報・注意報の種類
種類発表基準発表される津波の高さ(津波の高さ予想の区分)想定される被害と取るべき行動
大津波警報予想される津波の高さが高いところで3mを超える場合。10m超(10m<予想高さ)
10m(5m<予想高さ≦10m)
5m(3m<予想高さ≦5m)
※巨大地震の場合の最初の警報:巨大
木造家屋が全壊・流失し、人は津波による流れに巻き込まれます。ただちに海岸や川沿いから離れ、高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。
津波警報予想される津波の高さが高いところで1mを超え、3m以下の場合。3m(1m<予想高さ≦3m)
※巨大地震の場合の最初の警報:高い
標高の低いところでは津波が襲い、浸水被害が発生します。人は津波による流れに巻き込まれます。ただちに海岸や川沿いから離れ、高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。
津波注意報予想される津波の高さが高いところで0.2m以上、1m以下の場合であって、津波による災害のおそれがある場合。
1m(0.2m≦予想高さ≦1m)
海の中では人は速い流れに巻き込まれ、また、養殖いかだが流失し小型船舶が転覆します。ただちに海から上がって、海岸から離れてください。

(気象庁のホームページより)