出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「燕」はやすらう意》仕事をしないで、くつろいで過ごすこと。

「地頭の出仕も相やめ、―せる川勝」〈浄・聖徳太子〉