出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 法会などで、僧が列を作り念仏・経文などを唱えながら、本堂の縁側や本尊仏の周囲などを巡り歩くこと。

  1. 仏縁を求めて諸国を行脚 (あんぎゃ) すること。

    1. 「西行は一期行脚にて、歌を読みしかば、―して案じ」〈正徹物語・上〉

  1. 縁側などをそぞろ歩きすること。

    1. 「折ふし―して四方 (よも) の梢を眺めつつ」〈伽・鉢かづき

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉