出典:デジタル大辞泉(小学館)

Atherton Tableland》オーストラリア、クイーンズランド州北東部の高原地帯。玄武岩質の肥沃 (ひよく) な台地が南北にのび、グレートディバイディング山脈の一部をなす。高原の大部分は熱帯雨林に覆われ、1988年に「クイーンズランドの湿潤熱帯地域」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。雨量の少ない乾燥地帯では、茶・コーヒーなどを産する。アサートンテーブルランド。