あきれ‐いた・し【×呆れ甚し】 の意味

  1. [形ク]意外のことに驚きあきれるさま。ひどくあきれる。
    • 「よろづうきうきと我も人も―・くて」〈増鏡・むら時雨〉