出典:デジタル大辞泉(小学館)

大化元年(645)、蘇我入鹿中大兄皇子に暗殺され、蘇我氏宗家が滅亡した事件。大化の改新の端緒となった。