出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. (御印)形だけでほとんど価値のないさま。また、量が少ないさま。「―程度の警備」「ほんの―ですから、どうかお受け取りください」

  1. (御徴)分娩開始の徴候としてみられる、血の混じったおりもの。子宮口が開き、卵膜の一部が剝離するためにおこる。