出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「僧祇律」七の、猿が井戸に映った月を取ろうとして水におぼれたという故事から》身分不相応な大望を抱いて破滅することのたとえ。猿猴捉月 (そくげつ) 。猿猴が月。猿猴が月に愛をなす。