出典:デジタル大辞泉(小学館)

軟骨魚類硬骨魚類とともに広義の魚類を構成する一群。現生では最も原始的な魚で、ヤツメウナギ目とヌタウナギ目がある。体はウナギ形で、骨は軟骨。うろこを欠き、粘液に富む。胸びれ・腹びれがなく、背びれ・尾びれ・しりびれはつながる。口は円形の吸盤状で、あごがない。嚢状 (のうじょう) のえらが6~15対ある。大部分は淡水産、一部が海産。嚢鰓類 (のうさいるい) 。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉