出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 宴の座」に同じ。

  1. 座禅をすること。

    1. 「面壁―すといへども習禅にはあらざるなり」〈正法眼蔵・行持下〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉