出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動タ下一][文]あきれは・つ[タ下二]
  1. すっかりあきれてしまう。「―・てて返す言葉もない」

  1. どうしてよいかわからないで、茫然 (ぼうぜん) とする。途方にくれる。

    1. 「あとに兵庫は―・て…どっかと座して男泣き」〈浄・矢口渡