出典:デジタル大辞泉(小学館)

光学系において、光軸外から入射して絞りの中心を通る光線。絞り値の大小によらずに入射する光線であるため、収差の評価などのレンズ設計において重要となる。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉