出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本放送協会が中心となって開発したUHDTV(超高精細画質テレビ)の方式の一。従来のHDTVに比べて約16倍の8K解像度の画素数(7680×4320)をもつ。フレームレートは毎秒60または120枚であり、動きの速い被写体の表現にすぐれる。国際的には8K UHDTVの名称が用いられる。8Kスーパーハイビジョン。8KSHV。

[補説]平成30年(2018)12月より、BS左旋円偏波を使用した本放送を開始。