出典:デジタル大辞泉(小学館)

温度変化による膨張・収縮が極めて小さいガラス。膨張率が異なる材料を混合することで、特に常温付近でほとんど変形が生じないものを指す。VLTTMTといった超大型望遠鏡の反射鏡として用いられる。極低膨張ガラス。