出典:デジタル大辞泉(小学館)

Saint Martin》西インド諸島東部、小アンティル諸島北部にある島。起伏に富み、海岸には入り江が多い。1648年にオランダ人とフランス人が入植。北部はフランス領(サンマルタン)、南部はオランダ領(シントマールテン)となっている。主要産業は観光。
St. Martin's Island》バングラデシュ最南端、ベンガル湾にある島。コックスバザールの南約10キロメートルの半島の沖合に位置する。ミャンマーとの国境をなすナフ川の河口に近い。ベンガル語では「ココナツの島」とよばれる。近年、海岸保養地としての開発が進められている。