出典:デジタル大辞泉(小学館)

Lastivchyne hnizdoЛастівчине гніздо》ウクライナ南部の都市ヤルタの近郊、アイトドール岬にあるネオゴシック様式の城。1912年にドイツ人の富豪により建造。黒海に臨む断崖の上に築かれ、クリミア半島有数の観光名所として知られる。