出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「悪魔のビー玉」の意》オーストラリア、ノーザンテリトリー中央部の町テナントクリークの近郊にある奇岩群。砂岩層の下の花崗岩が長い年月、風化・浸食を受けた、直径数メートルから十数メートルの巨大な丸い岩が、多数点在する。アボリジニーの聖地でもある。

[地理/外国地名/オセアニア・両極]カテゴリの言葉