出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 植物を焼いた灰を水に浸して得る上澄み液。アルカリ性を示し、古来、洗剤・漂白剤として、また染色などに用いる。

  1. 山菜や野草などに含まれる、渋み・えぐみなどのもとになる成分。「ウドの灰汁を抜く」

  1. 肉などを煮たときに、煮汁の表面に浮き出る白く濁ったもの。「スープの灰汁をすくい取る」

  1. 独特のしつこさや粘っこさなどがあって、なじみにくい個性。「灰汁の強い人」