出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 光の明暗を電気信号に変換する素子が、一列または複数列に配置されたイメージセンサー。一次元的な画像しか得られないため、センサーまたは被写体が動くことによって二次元的な画像を得る。コピー機やイメージスキャナーの光学的読み取り装置などに用いられる。→エリアセンサー

  1. AFカメラで被写体までの距離を検出し、ピントを合わせるためのセンサーの一。線状のセンサーで、被写体の明暗差などをとらえて合焦するレンズの位置を算出する。明暗差が線状のセンサーを横切る場合にピントを合わせることができ、平行している場合はピント合わせが困難になる。→クロスセンサー