出典:デジタル大辞泉(小学館)

診断が困難な臓器のこと。小腸膵臓などをいう。

[補説]小腸は、口や肛門から遠く、また腹膜に固定されていないため自由に動き、長く曲がりくねっているため、カプセル内視鏡バルーン内視鏡が開発されるまで、精密な検査が難しかった。膵臓は、体の深部にあって、周りを肝臓十二指腸小腸大腸脾臓腎臓など多くの臓器に囲まれているため、観察しづらく、また特有の症状が現れにくいことから、病気の早期発見が難しい。

[医学/人体]カテゴリの言葉