出典:デジタル大辞泉(小学館)

安全を最優先するという価値観や行動様式を組織の構成員が共有している状態。また、それを実現する組織のあり方をいう。セーフティーカルチャー。

[補説]1986年のチェルノブイリ原発事故を契機に国際原子力機関(IAEA)が提唱し、広く知られるようになった概念。組織全体や社会に深刻な影響を与えるような事故を未然に防ぐために共有すべき認識として、原子力以外の分野でも用いられる。