出典:デジタル大辞泉(小学館)

果物の搾り汁を原料とする飲料。日本農林規格(JAS)では、濃縮果汁、果実ジュース、果実ミックスジュース、果粒入り果実ジュース、果実・野菜ミックスジュース、果汁入り飲料などに分類されている。

[補説]果実飲料の種類
濃縮果汁果実の搾り汁を濃縮したもの。
果実ジュース1種類の果汁(果実の搾り汁または還元果汁)で果汁100パーセントのもの。
果実ミックスジュース 2種類以上の果汁を混合して果汁100パーセントとしたもの。
果粒入り果実ジュース柑橘類のさのう(房の中にある小さな粒)や柑橘類以外の果肉を細切りにしたものを含む、果汁100パーセントのもの。
果実・野菜ミックスジュース果汁と野菜汁を加えて100パーセントにしたもので、果汁の割合が50パーセント以上のもの。
果汁入り飲料果汁の割合が10パーセント以上100パーセント未満のもの。