出典:デジタル大辞泉(小学館)

連城三紀彦の小説。余命わずかな昔の恋人のもとに走った夫と年上の妻の葛藤を描く。昭和59年(1984)刊行。同年、第91回直木賞受賞。昭和60年(1985)、神代辰巳監督により映画化。
丹羽文雄の小説。戦後の東京の恋文横丁を舞台に、かつて愛し合った男女の悲しい再会を描く。昭和28年(1953)発表。同年、田中絹代監督、木下恵介脚色により映画化。スター女優だった田中の初監督作。
《原題、(オランダ)De liefdesbriefフェルメールの絵画。カンバスに油彩。縦44センチ、横38センチ。撥弦楽器シターンを持つ女主人が女中から手紙を受け取り、当惑の表情を浮かべている場面を描く。アムステルダム国立美術館所蔵。