出典:デジタル大辞泉(小学館)

ダイヤモンド単結晶。天然のダイヤモンドのほか、工業用用途の人工ダイヤモンドの大部分を占める。劈開 (へきかい) 性をもち、形状は角張っている。切断や研磨に用いられる。→多結晶ダイヤモンド

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉