出典:デジタル大辞泉(小学館)

ニュージーランド南島東部の港湾都市。クライストチャーチの南西約150キロメートルに位置する。19世紀半ばに捕鯨基地として入植が始まり、鯨油の輸出で発展。同地で産出する青みをおびた玄武岩を使用した、ビクトリア朝様式、エドワード朝様式の建物が多く残っている。美しい海岸線をもつキャロライン湾沿いに公園や遊歩道が整備され、木造の灯台がある。