出典:デジタル大辞泉(小学館)

Te Wahipounamu-South West New Zealand》ニュージーランド南島南西部の地域の名称。「テワヒポウナム」はマオリ語で「翡翠 (ひすい) がある場所」を意味する。同国最高峰のクック山や、フォックス氷河フランツジョセフ氷河があるサザンアルプスミルフォードサウンドをはじめとするフィヨルド、ナンキョクブナの原生林など、多様な自然環境を擁し、固有の動植物が数多く生息する。ミルフォードサウンドなどのフィヨルドやフィヨルドランド国立公園アオラキクック山国立公園ウエストランド国立公園アスパイアリング山国立公園を中心に、1990年に世界遺産(自然遺産)に登録された。