出典:デジタル大辞泉(小学館)

マメ科の一・二年草。カフカスからイラン付近の原産といわれ、石器時代からすでに栽培。茎は、蔓性 (つるせい) のものは約2メートル、矮性 (わいせい) のものは高さ約25センチ。葉は羽状複葉で、先端は巻きひげとなる。品種は用途別にさまざまあり、花の色、さや・種子の大小・色などで分ける。種子を煮豆あん蜜豆に、また若いさやを食用にする。グリンピース。シュガーピース。のらまめ。文豆 (ぶんどう) 。 夏 花=春》「―の実のゆふぐれに主婦かがむ/誓子

出典:青空文庫