出典:デジタル大辞泉(小学館)

免疫グロブリンの一。分子量約19万~20万。糖の含有量が多い。気管支喘息 (ぜんそく) アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎花粉症などのアレルギー反応に密接に関与することが知られ、特定のアレルゲンによる反応性を調べるために利用される。昭和41年(1966)、石坂公成・照子夫妻が発見。IgE(immunoglobulin E)。