出典:デジタル大辞泉(小学館)

エステル基を環内に含む複素環式化合物の総称。を構成する炭素の数の違いにより、3員環はα-ラクトン、4員環はβ-ラクトン、5員環はγ-ラクトンとよばれる。果物や花の香気成分、フェロモン、麝香 (じゃこう) などに含まれる。また、12以上の大環状のラクトンはマクロライドと総称され、強い抗菌作用を示すものが多い。