出典:デジタル大辞泉(小学館)

アインシュタイン一般相対性理論から導いた、重力場についての方程式。重力による時空の歪 (ゆが) み曲率)は、物質またはエネルギーの場によって定まることを示す。ニュートン万有引力の法則では適用できなかった、ブラックホールのような大質量天体や宇宙全体の時空構造などを表すことができる。また、時空の歪みが光速の波として伝わる重力波の存在が導かれる。アインシュタインの重力場方程式。