出典:デジタル大辞泉(小学館)

[794~864]平安初期の天台宗の僧。下野 (しもつけ) の人。最澄 (さいちょう) に師事。入唐し、多くの経書を請来 (しょうらい) した。比叡山に総持院・常行三昧堂 (じょうぎょうさんまいどう) を建立、第3世天台座主 (ざす) に任ぜられ、興隆の基礎を確立。著「入唐求法 (ぐほう) 巡礼行記」など。慈覚大師。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉