出典:デジタル大辞泉(小学館)

有島武郎の評論。大正6年(1917)発表。本能的生活による人間的自由の獲得を説く。→愛は惜しみなく奪う

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉