出典:デジタル大辞泉(小学館)

加賀乙彦の長編小説。陸軍幼年学校へ入学した生徒の、戦時下から終戦にかけての心情や苦悩を描く。昭和48年(1973)刊行。同年、第9回谷崎潤一郎賞受賞。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉